FX

頭皮の脂漏性皮膚炎のためのドライヤー方法

MENU
本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦 TOP  >  頭皮の脂漏性皮膚炎  >  頭皮の脂漏性皮膚炎のためのドライヤー方法!冷風だけはダメ!

頭皮の脂漏性皮膚炎のためのドライヤー方法!冷風だけはダメ!

ドライヤー

脂漏性皮膚炎は、普段から正しいケアを行ない続けることで大きな改善につながります。

ただ逆にいえば、普段何気なく行なっているケアが脂漏性皮膚炎に良くないことであれば、悪化し続けてしまうということです。たとえば、脂漏性皮膚炎と相性が悪いシャンプーを使っているなどですね。

そんな中、脂漏性皮膚炎が思うように改善していかない原因が「ドライヤーの髪の乾かし方を間違えている」ことであるケースも意外と多いです。

あなたもドライヤーをした後に頭皮がムズムズとかゆくなったり、一向にフケが減らないと思われたことがあるなら乾かし方を間違っているかもしれません。

そこで今回は、脂漏性皮膚炎の対策になるドライヤーの髪の乾かし方についてお伝えさせていただきます。

お風呂上がりのタオルドライからドライヤーで髪を乾かすところまですべてお伝えしておりますので、ぜひ今日からこの方法でドライヤーを行なって脂漏性皮膚炎に良い対策をしていただきたいと思っております。

タオルドライは優しく水分を吸い取ることを意識

タオルドライする男性

まず、お風呂上がりの最初の段階として大切になってくるのが、タオルドライです。タオルドライとは、タオルで濡れた髪の毛の水分を拭き取ることですね。

脂漏性皮膚炎の悪化を防ぐためには、タオルドライはとにかく優しく行なうことが大切です。

正直、タオルドライはガシガシと頭皮をこするように拭き取った方が気持ちが良いしスッキリもするのですが、脂漏性皮膚炎を発症している頭皮は、バリア機能が低下して弱っているので、刺激を与えることは悪化の原因になってしまいます。

ですので、まずは優しく髪全体を拭き取り、その後、髪の毛の根元部分にタオルをペタペタと当てて水分を吸い取っていくのが良いです。

そして、頭皮が蒸れてしまうのを防ぐために、タオルドライをした後にすぐにドライヤーを行なうようにしましょう。

ドライヤーの温度と距離

 

タオルドライが終わったら、時間を置かずにすぐにドライヤーに始めます。

ドライヤーを行なう際、まずはじめに気をつけていただきたいのが、その温度と髪の毛までの距離です。あなたが使われているドライヤーが弱・中・強などといった温度設定ができるのであれば、中くらいに設定しましょう。

脂漏性皮膚炎の対策のためには、できるだけ温風を当てる時間は短くするべきなのでドライヤーの風力はMAXが良いです。

ただ、頭皮が熱くなるくらいに温風が当たってしまうと肌がダメージを受けて悪化してしまうので、ドライヤーと髪の毛の距離はある程度遠くしましょう。

ざっくりで良いですが、ドライヤーと髪の毛までの距離は10cm〜20cmくらいが良いです。

ワンポイントアドバイス:冷風だけは逆効果

手でバツ印をつくる男性

たまに「ドライヤーの温風が脂漏性皮膚炎にあまり良くないのなら、始めから最後まで冷風にしたら良いのじゃないの?」と思われる方もいるのですが、これは正解とはいえません。

たしかに、ドライヤーの温風は脂漏性皮膚炎の頭皮に良いとはいえません。ですが、脂漏性皮膚炎を改善するためのドライヤーでなにより意識するべきなのは、とにかく早く乾かすことです。

冷風だけの場合、どうしても「ドライヤーの時間が長くなる=髪や頭皮が濡れている時間が長くなる」ということになり、マラセチア菌(脂漏性皮膚炎を悪化させる菌)が繁殖しやすくなってしまいます。

しかも冷風だけだと、頭皮がきちんと乾く前にドライヤーを終えてしまいがちなので、そういった意味でも温風も使った方が良いです。

ドライヤーは根元を乾かすことを意識

髪の毛の根元を触る男性

ドライヤーで髪を乾かす時、とにかく意識するのは毛先ではなく根元です。

とくに脂漏性皮膚炎の場合、根元がきちんと乾いておらず湿ったままの状態はマラセチア菌が非常に繁殖しやすい環境なので、絶対に避けないといけません。

極端な話、毛先は完全に乾かずしっとりしているくらいでも良いので、とにかく早く根元を乾かすことを徹底するようにしてください。

7〜8割乾いたら冷風に切り替える

ひらめきのマーク

早く根元を乾かさないといけないとお伝えさせていただきましたが、乾かしすぎも良くありません。乾かしすぎると、頭皮が乾燥して余分な皮脂が分泌してしまうからです。

ですので、ドライヤーの温風で7〜8割ほど乾いたら冷風に切り替えるようにしましょう。

7〜8割というとわかりにくいですが「全体的にだいたい乾いたかな」というくらいです。

そして、冷風に切り替えて頭皮や髪の毛(とくに根元)を軽く冷やしてあげて、乾かしきれていないところは乾かしてあげるようにしましょう。しっかりと乾いていないところは冷風を当てたら冷んやりするのですぐにわかると思います。

冷風で頭皮や髪の毛を冷やして、かつ全体的に乾かすことができればドライヤーは完了です。

シャンプーとドライヤーの正しいケアで改善することは多い

応援する人

今回は、脂漏性皮膚炎の対策のためのドライヤーの行ない方についてお伝えさせていただきました。

読んでいただいて思われたかもしれませんが、基本的には一般的なドライヤーの行ない方と大きく違いはありません。

ただ、脂漏性皮膚炎の場合は「髪が濡れたままにしている時間」をとにかく短くすることが大切なので、そこを重点的に意識してお風呂上がりはすぐにドライヤーを行なうようにしてくださいね。

脂漏性皮膚炎は、正しいシャンプーを使って正しいドライヤーを行なっていけさえすれば比較的早く改善することが多いです。

ですので、あなたもシャンプーやドライヤーのケアはとくにしっかりと行なっていくようにしてくださいね!


次の記事
>>脂漏性皮膚炎の根本改善のために開発されたシャンプーを使ってみた結果


同じカテゴリー「頭皮の脂漏性皮膚炎」の一覧

頭皮を掻きむしる男性

頭皮の脂漏性皮膚炎がひどい!治らないとやばいと思われている方へ

脂漏性皮膚炎に悩んでいる。かゆみ、フケ、かさぶた、赤み、臭い、そして抜け毛がやばい…。   脂漏性皮膚炎だと診断されたときは「どうせ徐々に治っていくだろう」と思ってあまり深く気にしていなかっ […]

記事の続きを読む
頭皮を掻きむしる男性

脂漏性皮膚炎なら短髪にするべき?長髪より改善しやすいのか

髪型を楽しみたいから短髪には少し抵抗がある。でも脂漏性皮膚炎だから短髪にした方が良いのかな? このように、今は髪の毛が長めだけど、脂漏性皮膚炎を改善するためにバッサリ切って短髪にしようか迷われている方 […]

記事の続きを読む
ドライヤー

頭皮の脂漏性皮膚炎のためのドライヤー方法!冷風だけはダメ!

脂漏性皮膚炎は、普段から正しいケアを行ない続けることで大きな改善につながります。 ただ逆にいえば、普段何気なく行なっているケアが脂漏性皮膚炎に良くないことであれば、悪化し続けてしまうということです。た […]

記事の続きを読む
頭皮を掻きむしる男性

頭皮の脂漏性皮膚炎にホホバオイルは良い?かゆみや炎症への期待度

頭皮が脂漏性皮膚炎だと、とてもかゆいし炎症も起こしてしまいがちだから、それを抑える保湿をしたいと思いますよね。 とくに、自分の中でかゆみが起こりやすいタイミングがわかってくると、その前にきちんと保湿を […]

記事の続きを読む
自分の頭皮を見るのを怖がる男性

頭皮の脂漏性皮膚炎対策にワセリンは良い?逆に悪化するリスク大!?

頭皮が脂漏性皮膚炎だととても辛いですよね。一度かゆみが起きたら我慢できないくらいかゆいし、フケも出るし頭皮もボロボロになってしまう。 かといって恥ずかしくて誰にもあまり相談できないのも悩みのひとつです […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ドS育毛長のプロフィール

このサイトで1人でも多くの人の髪の毛をフサフサにしてみせます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦

    ページトップ