FX

ヘアアイロンはハゲるし薄毛になる?

MENU
本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦 TOP  >  オシャレとハゲ , 髪に悪いこと  >  ヘアアイロンでハゲる!?薄毛の原因になるのか?

ヘアアイロンでハゲる!?薄毛の原因になるのか?

ヘアアイロンと薄毛の関係

ヘアアイロンを使っているとハゲる。ヘアアイロンの使いすぎは薄毛の原因になる。このようなことを一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

実際のところ、ヘアアイロンと薄毛に関係はあるのでしょうか。

 

これに関しては、極端に影響を及ぼすわけではありませんが、ヘアアイロンと薄毛は関係あるといえます。

 

どうしてヘアアイロンと薄毛は関係があるのか?今回は、ヘアアイロンが与える髪の毛への影響についてお話していきますね。

 

毛根が弱る?

 

ヘアアイロンの熱によって毛根が弱ってしまい、それが薄毛につながってしまうというような噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

たしかに、ヘアアイロンはかなりの熱をもっているので、そういった不安を抱いてしまう気持ちもわかりますが、実際はヘアアイロンの熱で毛根を弱めてしまうことはありません。

 

ヘアアイロンは毛根ではなく、主に髪の毛に熱を与えるので、そこは心配いりません。

 

ただ、ヘアアイロンは熱では毛根を弱めることはないのですが、実はそれ以外のことが原因で毛根を弱めてしまっているのは事実です。

 

それが、髪の毛を強く引っ張ってしまうことです。

 

ほとんどのヘアアイロンは、髪の毛を挟み込み上から下へ流していくので、どうしても多少の引っ張りは生じてしまいます。人によっては、かなりの痛みを我慢するくらいに強く引っ張っている方もおられます。

 

1回や2回程度では影響はないのですが、ヘアアイロンで髪を強く引っ張ることを続けていると、徐々に毛根が弱くなって、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。それが薄毛につながる原因です。

 

ですので、ヘアアイロンを使うときは、極力で構いませんので、髪を挟む力は強くし過ぎず、優しく行なうようにしましょう。

 

髪が傷むことの本当の怖さ

 

次に、ヘアアイロンと髪の傷みについてです。ヘアアイロンを使うと髪が傷むというのは、もはや説明する必要はないことだと思います。

 

多くの方は、ヘアアイロンを使って髪が傷んでしまい切れ毛が増えてしまっても、抜け毛が増えることはないから薄毛にはつながらないと思っているのですが、これは間違いなのです。

 

実は、髪は傷んでしまうと、育毛するための栄養を吸収する力が弱くなってしまうのです。つまり、傷んだ髪は育ちにくく、弱くなりやすくなってしまうのです。

 

髪が傷んでしても毛根がしっかりしている内はまだマシですが、傷んだ髪は栄養をあまり吸収しないので、その状態が続いたら毛根から髪が抜けやすい状態になってしまうのです。

 

毛根から抜けてしまうのは、切れ毛ではありません。抜け毛です。髪を傷めてしまうのは、薄毛と大きく関係しており危険なことなのです。

 

もちろん、ヘアアイロンだけでなく、それ以外の何かが原因で髪が傷んでしまっている場合でも、抜け毛が増えて薄毛になってしまうリスクに関しては同じことがいえます。髪が傷むこととハゲることは関係していることですので、そこは忘れずに気を付けるようにしましょう。

 

最低限守ってほしいこと

 

ヘアアイロンが薄毛と関係している理由についてお話させてもらいましたが、だからといってオシャレをする以上、ヘアアイロンをやめることはできないという方も多いと思います。

 

そんな方の為に、ヘアアイロンで薄毛にならない為に、最低限守ってほしいこと3箇条を書いておきます。

 

  • その①.髪を引っ張り過ぎない
  • その②.髪が乾いている状態で使う
  • その③.使った後はドライヤーの冷風を当てる

 

順番に説明していきますね。

 

髪を引っ張り過ぎない

 

ヘアアイロンで髪の毛を引っ張りすぎるのは薄毛につながるから良くないということに関しては、さきほど書かせていただきましたので、ここでは詳しい説明は省きます。

 

髪が乾いている状態で使う

 

次に髪が乾いている状態で使うということについて。髪の毛が濡れている状態でヘアアイロンを行なったことがある方はわかると思うのですが、濡れている状態でヘアアイロンを当てると髪がジュ~っと音がすると思います。

 

なんとなく想像はつくと思いますが、あれは髪の毛にかなりのダメージを与えてしまっています。濡れた髪でヘアアイロンを行なうと髪の痛みが急激に増してしまいます。

 

それだけで将来薄毛になってしまう可能性が高まってしまうので、ヘアアイロンは必ず髪の毛を乾かした後に行なうようにしましょう。

 

使った後はドライヤーの冷風を当てる

 

最後に、冷風について。ヘアアイロンを行なった後は、当然ですが、髪の毛の温度はかなり高くなっています。それをそのままの状態にしているよりも、ヘアアイロンを使った後に冷風を当ててあげるだけで髪のダメージは軽減できます。

 

とはいっても、ドライヤーの強風で冷風を当ててしまうとせっかくセットした髪型が乱れてしまうので、そこは弱風でも構わないので軽く冷風を当てて冷やしてあげましょう。

 

この3つを守るだけで、ヘアアイロンが原因によるあなたの薄毛のリスクをかなり軽減させることができます。徹底的に薄毛のリスクを避けたいのであれば、極端な話ヘアアイロンは使わない方が良いです。

 

ただ、ヘアアイロンはあなたをより魅力的にする為の味方になってくれていることは事実だと思います。

 

ですので、使わないべき!とはいいませんがヘアアイロンがきっかけで薄毛になってしまわないように、使うときは、正しく使っていくようにしてくださいね。

>>97%の方が満足した話題の育毛剤をレビューしてみました

同じカテゴリー「オシャレとハゲ」の一覧

髪のボリューム

ヘアアイロンでハゲる!?薄毛の原因になるのか?

ヘアアイロンを使っているとハゲる。ヘアアイロンの使いすぎは薄毛の原因になる。このようなことを一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。   実際のところ、ヘアアイロンと薄毛に関係 […]

記事の続きを読む
ロン毛の男性

ロン毛はハゲやすい!?その真実を教えます

ハゲに関しては、本当に様々な噂がありますよね。そんな中で、ロン毛はハゲやすいというような噂を聞いたことがある方もいると思います。ただ、この噂は結構意見が分かれており、ロン毛はハゲやすいから髪は伸ばさな […]

記事の続きを読む
パーマとハゲ

パーマはハゲる!?抜け毛が増えた方はとにかく注意!

パーマをかけると抜け毛が増えるし、将来ハゲることになるからかけない方が良い。パーマは頭皮にとても悪い。   このような、パーマに関する話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これに関 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ドS育毛長のプロフィール

このサイトで1人でも多くの人の髪の毛をフサフサにしてみせます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦

    ページトップ