FX

ジヒドロテストステロンを抑制する方法

MENU
本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦 TOP  >  薄毛対策  >  ハゲる原因のジヒドロテストステロンを抑制!減らす方法はある?

ハゲる原因のジヒドロテストステロンを抑制!減らす方法はある?

ジヒドロテストステロン抑制方法

ジヒドロテストステロンというホルモンを一度は聞いたことがある方もいると思います。とくにハゲや薄毛、抜け毛を気にしている方はジヒドロテストステロンのことを少なからず知っている方は多いと思います。

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を止めてしまうホルモンなので、ハゲや薄毛の大敵です。ハゲるホルモンなんて最悪ですよね。

 

こんな悪いホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制して減らす方法はあるのでしょうか。

 

あります。

 

今回は、ジヒドロテストステロンを抑制して体内から減らす方法についてお話していきます。

 

効果の早さなら薬か育毛剤

 

正直な話、ジヒドロテストステロンを抑制して体内から減らす方法として一番てっとり早いのは、その効果のある薬を飲むか、育毛剤を使いはじめることです。

 

ジヒドロテストステロンを抑制する効果が高い薬はプロペシアやデュタステリドなどです。そもそも、ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素とテストステロンが結合されることでつくられるのですが、プロペシアやデュタステリドなどといった薬は、そのはたらき自体を抑制してくれる効果があります。

 

ですので、とにかく早くジヒドロテストステロンを抑制して体内から減らしたいという方は、プロペシアやデュタステリドといった薬を服用するのもひとつの手ではあります。

 

ただ、正直ドS育毛長はこのような薬の服用はおすすめしておりません。なぜかというと、プロペシアやデュタステリドは、たしかに比較的早くジヒドロテストステロンを減らす効果はあるのですが、その代わりにキツい副作用を発症させてしまうリスクがあるからです。

 

報告されている副作用としては、性欲減退や抑うつ、めまいなどです。中には重篤な肝機能障害を発症してしまった方もいるので、安易な気持ちでこのような薬を始めるのは、あまり良いこととは思えません。

 

ただ、医薬部外品の育毛剤なら副作用の心配がないですし、充分なジヒドロテストステロンの抑制効果があるので安心です。

 

ですので、お金を使ってでも早くジヒドロテストステロンを減らしたいという方は医薬部外品の育毛剤を使うようにしましょう。

 

食事でジヒドロテストステロンを抑制

 

とにかく早くジヒドロテストステロンを体内から減らすようにしたいという方は、育毛剤を使うべきとお話をさせてもらいました。

 

ただ、中にはジヒドロテストステロンは抑制したいけれど、育毛剤にお金はかけられないという方もおられると思います。そういった方の為に、ジヒドロテストステロンを減らすことができる栄養素を紹介したいと思います。

 

ジヒドロテストステロンを減らす為に、普段の食事から意識して摂っていただきたい栄養があります。

 

それが、亜鉛とリコピンです。

 

亜鉛とリコピンには、ジヒドロテストステロン発生の原因となる5αリダクターゼを抑制する効果があります。さすがに育毛剤に比べるとかなり効果は低いですが、亜鉛とリコピンを毎日積極的に摂ることでジヒドロテストステロンの量を少しは減らすことができます。

 

亜鉛

 

亜鉛を多く含む食べ物をザッとあげると、牡蠣、煮干し、ビーフジャーキー、豚のレバー、抹茶、ごま、小麦胚芽、チーズ、卵(卵黄)、味付けのりなどです。

 

この中でも牡蠣はとくに亜鉛が豊富です。

 

ジヒドロテストステロンを減らす為にも、この中のどれかをできるだけ毎日食べるようにするととても良いですね。

 

リコピン

 

リコピンを含む食べ物としての代表はなんといってもトマト、ミニトマトです。

 

それ以外にも、スイカ、柿、ピンクグレープフルーツなどにもリコピンは含まれていますが、やはり代表格はトマトとミニトマトです。ちなみにですが、トマトよりもミニトマトの方が含有率が高いです。

 

ミニトマトなら、気軽に食べることができるので、たくさん食べるようにしましょう。

 

ドS育毛長はミニトマトをよく目につくところにいつでも食べられるように保管しており、意識してできるだけ毎日食べるようにしております。

 

食べない方が良いもの

 

ジヒドロテストステロンを減らすために亜鉛とリコピンを含む食べ物を積極的に食べることはとても良いのですが、逆に食べない方が良い食べ物もあります。

 

それが、揚げ物や炒めものなど脂っこい食べ物です。

 

油をたくさん使っている料理を食べ過ぎると、ジヒドロテストステロンを増加させてしまいます。また、それだけでなく皮脂を過剰分泌させて毛穴の詰まりをつくりだしてしまう原因にもなるので摂り過ぎは本当によくありません。

 

とはいっても、脂っこい食べ物は美味しいですよね。ですので、食べてはいけないとはいいませんが、あなたの髪の毛のためにも、極力食べる量は少なくするようにしましょう。

 

ジヒドロテストステロンを抑制する方法として最強なのは育毛剤ですが、食べるものを意識することでも少しは減らすことはできます。

 

ですので、ジヒドロテストステロンを少しでも減らすことができるように、食べるべきものはたくさん食べて、控えるべきものは減らしてあなたの髪の毛を守ってあげてください。

>>97%の方が満足した話題の育毛剤をレビューしてみました

同じカテゴリー「薄毛対策」の一覧

発毛活動中の男性

半年で薄毛を治す!その為に行なうべきこと4つ

だんだんと薄毛が進行していてやばいと思われている方は多いです。薄毛になるとどうしても周りからの視線や反応が気になってしまいますし、清潔感も欠けてしまいます。できれば少しでも早く改善したいものですよね。 […]

記事の続きを読む
ヘッドスパ

ヘッドスパに発毛効果はある?薄毛は治るのか?

最近ではヘッドスパは一般的に知られるものとなってきており、美容院で髪を切ったついでにヘッドスパを受けられていかれる方も多くなってきています。   そんな中、ヘッドスパには発毛効果はあるの?と […]

記事の続きを読む
坊主の男性

坊主と育毛剤の相性!効果が得やすいって本当!?

髪型によって育毛剤の効果は変わってくるのでは?と気になったことはないでしょうか。なんとなくだけど長髪よりも短髪の方が育毛剤の効果が得やすそうだと思ったことがある方は多いと思います。   そう […]

記事の続きを読む
ストレッチする女性

ストレッチが薄毛に効く!?効果的な方法もお伝えします!

毎日ストレッチは行なっているでしょうか。最近はとくにデスクワークのお仕事をすることがかなり多くなってきていて、運動どころかストレッチをする方も少なくなってきている傾向にあります。   ですが […]

記事の続きを読む
ヨガをする人

ヨガは薄毛対策になる?効果はあるの?

健康増進効果が期待できることで人気があるヨガ。最近は男性でもヨガを取り入れられることが増えてきていますね。   そんなヨガですが、果たして薄毛を予防する効果もあるのでしょうか。   […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ドS育毛長のプロフィール

このサイトで1人でも多くの人の髪の毛をフサフサにしてみせます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦

ページトップ