FX

お酒と薄毛やハゲることとの関係

MENU
本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦 TOP  >  薄毛とお酒 , 薄毛と飲み物  >  お酒を飲むとハゲるのか!?薄毛との関係を教えます!

お酒を飲むとハゲるのか!?薄毛との関係を教えます!

お酒と薄毛の関係

お酒を飲むとハゲる。お酒を飲み過ぎると薄毛になってしまう。

 

酒は百薬の長と例えられていますが、一般的にほとんどの方がお酒は体に良いものではないと思っている方が多いと思います。

 

実際、お酒はハゲと関係があるのでしょうか。

 

これに関しての正解は、実はお酒は適度な量であれば、髪の毛に良い影響を与えてくれます。

 

ただ、飲み過ぎると薄毛になる可能性を高めてしまいます。

 

お酒を適度に飲むことが薄毛予防に良い理由、また飲み過ぎが良くない理由について、具体的にまとめてみたので是非参考にしてみてください。

 

適度なお酒が良い理由

 

お酒は百薬の長という例えは、実際間違いではなく、お酒を適度に飲む程度なら髪の毛にも良いはたらきをしてくれます。

 

その理由としては、血液の流れが良くなるということ。お酒を適度に飲むことで、血液循環が良くなり、髪の毛の毛母細胞にまで栄養が届きやすくなるのです。毛母細胞にまで栄養が届きやすくなるということは、髪の毛が育ちやすくなるので薄毛予防につながります。

 

また、お酒を適度に飲むことは、リラックス効果が生まれ、ストレス解消にもつながります。よくお風呂に入っているときに、リラックスして気分が落ち着くことはあると思うのですが、適度にお酒を飲むことでも同様の効果を得ることができるのです。

 

ほとんどの方が知っていることですが、ストレスも薄毛の大敵です。そのストレスを解消してくれるのはとても良いことです。

>>ストレスではげそう!そんな時どうする?

 

このように、お酒を適度に飲むことは薄毛の予防の為に良いはたらきをしてくれます。

 

ちなみに、適度なお酒の量とは、2合程度の量です。量にして350mlの缶ビール1本程度。・・・少ないですが、薄毛予防のためにはとても良い量なのです。

 

飲み過ぎは薄毛を進行させる

 

適度な量のお酒は薄毛予防に良いはたらきをしてくれます。

 

ただ、断言しますが、お酒は飲み過ぎると髪の毛に悪いです。

 

その理由についてお話していきますね。お酒の飲み過ぎが薄毛のリスクを高めてしまう理由は意外とたくさんあるのですが、あなたの為ですので、頑張って読んでいただけると嬉しいです。

 

お酒の飲み過ぎが薄毛のリスクを高める理由

 

それでは、お酒の飲み過ぎによって薄毛になってしまうリスクを高める原因についてお話していきますね。

 

①肝臓の負担

 

お酒を飲み過ぎると、肝臓にかなり負担をかけます。肝臓に負担をかけてしまうことで、体内にある栄養素が肝臓の修復に使われてしまいます。

 

人間の体はとても立派で、自分の弱っている体の箇所へ、優先的に栄養を届けてくれるようにできています。それが臓器など生命に関係する箇所であった場合、もう他の箇所に栄養を届けるのを忘れてしまうくらいに優先的に栄養を届けます。

 

つまり、お酒を飲み過ぎて肝臓に負担をかけた場合、髪の毛に届けるつもりだった栄養も、全て肝臓へ届けるようにはたらいてしまうので、頭皮が栄養不足になり髪の毛が薄毛になりやすくなってしまうのです。

 

②アミノ酸が吸収されない

 

アミノ酸という栄養素をご存知の方も多いと思いますが、この栄養素も育毛の為に欠かすことができず、髪の毛にたくさん届ける必要があります。

 

しかしお酒を飲み過ぎると、アミノ酸がアルコールの分解に使用されてしまうので髪の毛にアミノ酸が届かなくなってしまいます。

 

③糖分の過剰摂取

 

意外と知らない方も多いのですが、お酒には大量の糖分が含まれています。

 

お酒を飲み過ぎると、糖分の過剰摂取により、血糖値が上がり、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになると、髪の毛にまで栄養が届きにくくなるだけではなく、毛穴に皮脂がつまったり、過剰分泌を起こしてしまうリスクを高めます。

 

また、糖分の過剰摂取が与える薄毛の影響はこれだけではありません。

 

糖分を摂り過ぎると、体はそれをエネルギーを変えるためにかなりのビタミンB2を消費してしまいます。ビタミンB2は頭皮をキレイにし、栄養を届けやすい環境にしてくれるはたらきがあるのですが、糖分の過剰摂取によってビタミンB2が不足してしまうと、頭皮がベタベタに汚れてしまい、フケや皮脂が毛穴につまり、抜け毛を引き起こしやすい頭皮環境になってしまいます。

 

④アセトアルデヒドの分解不足

 

お酒を飲むとアセトアルデヒドという毒性物質が発生します。ただ、この物質はしばらくすると、体内で全て分解されて、無害の酢酸となってくれるのですが、お酒を飲み過ぎると、アセトアルデヒドを分解しきることができず、残った分が血液の中に入り込んでしまいます。

 

アセトアルデヒドが血液の中に侵入すると、髪の毛の成長を止めて脱毛を促進させるジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが増加してしまいます。ジヒドロテストステロンが多い方は、薄毛のリスクをかなり高めてしまうので要注意です。

 

まとめ

 

かなり長くなってしまいましたが、お酒の飲み過ぎによる薄毛のリスクについて理解していただけたでしょうか。

 

正直、お酒が原因でハゲるリスクがあることをより理解してしただく為にも、少し大げさに書いたところもあり、実際は飲み過ぎたからといって、すぐに薄毛になるということではありません。とはいっても、お酒を飲み過ぎる機会が多ければ多いほど、少しずつではありますが薄毛のリスクを高めているということは事実ですので、そこは理解しておいていただきたいです。

 

また、薄毛予防の為に、適度の量のお酒を毎日飲むことを始めようとされる方もたまにいるのですが、正直これはドS育毛長はおすすめしておりません。

 

たしかに適度の量のお酒を飲むことは薄毛予防として良いのですが、お酒にはアルコール依存というリスクがあります。アルコール依存になってしまうと、適度どころか、飲み過ぎることが日課になってしまうリスクすらあるので、そうなると結局薄毛になる可能性を高めているだけです。

 

ですので、お酒を普段から飲まないという方はわざわざ始める必要はないです。

 

今回はお酒と薄毛の関係について説明させてもらいました。普段からお酒を飲み過ぎている方は、それを改めるきっかけにしていただければいいなと思います。

>>97%の方が満足した話題の育毛剤をレビューしてみました

同じカテゴリー「薄毛とお酒」の一覧

お酒と薄毛の関係

お酒を飲むとハゲるのか!?薄毛との関係を教えます!

お酒を飲むとハゲる。お酒を飲み過ぎると薄毛になってしまう。   酒は百薬の長と例えられていますが、一般的にほとんどの方がお酒は体に良いものではないと思っている方が多いと思います。 &nbsp […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ドS育毛長のプロフィール

このサイトで1人でも多くの人の髪の毛をフサフサにしてみせます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦

    ページトップ